お金の増やし方
  1. Top
  2. » お金の増やし方ETF




お金の増やし方 ETFの保有量を増やし続ける

ETFのメリット 利子と配当と分配金を再投資

安定して資産を増やすには、お金を生み出す資産を長期保有することです。
つまり利子や配当、分配金などがある資産を保有すること。
そして利子や配当を再投資していくこと。

複利の効果を得るには、利子・配当を再投資していくことが重要です。
利子や配当を再投資すれば、保有ユニット数(口数)や保有株数が増えるので受け取る債券の利子や株式の配当も増えていくということです。
株式投資の場合、株価の上昇を期待している投資家は多いですが、ジェレミー・シーゲル教授曰く
「株式において生み出される富の95%は、株価の上昇ではなく、配当の再投資である」
と述べています。

同時にいつでも換金できる資産であることも重要です。
なぜなら、2008年の世界金融危機の時には、一部のファンドは換金することが一時的にできなかったということがあります。
投資資金は余裕資金とはいえ、まとまった資金が突然必要になることいったこともあるからです。

そしてリスクを分散するために資産の分散や幅広い銘柄の分散が必要になります。
そして小額から幅広く分散投資できる金融商品であることも重要です。

利子・配当・分配金がある資産で、いつでも換金でき(流動性が高い)、小額から幅広く分散投資できる金融商品はETFになります。

ETFであれば株式・債券・REITに小額から幅広く分散投資することが可能です。

例えば、債券ETFは、定期的に利子受け取ることができるので、利子を再投資することが自分でできます。
再投資することが自分でできるので、再投資先を株式ETFやREITにすることも可能です。

債券ETFは米国債や公社債、投資適格企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどが購入することが可能です。
株式のETFであれば、ニューヨークダウやS&P500など株式指数に連動した海外ETFを購入することも可能です。
また優先株銘柄や高配当銘柄の株式を集めた株式ETFもあります。

このような債券ETFの利子や株式ETFの配当を再投資することで、ETFの保有量を増やし続けることができれば複利の効果を享受することができます。
また、再投資しない場合は利子や配当を現金として残しておくことも可能です。




長期的・安定的にお金を増やす資産運用
債券投資と債券の特徴
外国債券投資でお金を増やす方法
外国株式投資でお金を増やす方法





社債投資でのお金の増やし方

米国社債を個人が購入してお金を増やす方法

社債投資は、国債よりも利率が高く株式投資よりは低リスクだとされます。
米国社債に投資することの魅力の1つは、一般的に米国債に投資するよりも高い利回りが期待できることです。

社債を個人が購入する場合、発行体の倒産などによるデフォルトリスクがありますが、ETFを利用すれば銘柄が幅広く分散されるのでデフォルトリスクが低減されます。
また、社債をETFで購入した場合でも社債のクーポンは外貨ベースで安定したリターンが期待できます。


海外ETFを利用した社債投資

社債投資のリスクを勘案すると、海外ETFという金融商品を利用して、幅広く銘柄分散された社債ETFを購入することで、デフォルトリスク(信用リスク)を低減しながら、外貨ベースではありますが、安定した利子を定期的に得ることが期待できます。

社債を幅広く分散投資できる米国社債ETFは、少額から購入することが可能です。
そして社債ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは非常に大事なことです。


国内金融機関で購入可能な外国債券海外ETF
(以下の海外ETFは米ドル建てですので利子の振込みも米ドルです。)

iShares iBoxx $ Invest Grade Corp Bond (LQD)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建て投資適格社債ファンド
IBoxx米ドル建てリキッド投資適格インデックスへの連動を目指します。
流動性の高い投資適格米ドル建て社債の銘柄で構成。
組入銘柄数 863 (2012年5月現在)

iShares iBoxx $ High Yield Corporate Bd (HYG)
iシェアーズ iBoxx 米ドル建てハイイールド社債ファンド
iBoxx米ドル建てリキッド・ハイイールド インデックスへの連動を目指します。
米ドル建ての高利回りの社債に投資。
組入銘柄数 600 (2012年5月現在)


上記の社債ETFは楽天証券で購入することができます。
グローバル投資なら楽天証券。海外ETFの取扱い銘柄数はネット証券No1!






年々増える配当金
スポンサー
メニュー
外国株式投資 セクター別ETFの利用
スポンサー
カテゴリ