お金の増やし方
  1. Top
  2. » 投資信託おすすめ




ETFの特徴とメリット

ETFは証券取引所に上場していることから株式と似た性質を合わせもち、一般の投資信託とは異なる特徴があります。
海外ではETFの活用が積極化しています。
ETFを活用する投資家の種類は多岐にわたります。


幅広い投資家層に活用されているETF

個人投資家、投資アドバイザー、ヘッジファンド、年金基金、投資銀行、都市銀行、地方銀行、生保・損保会社、プライム・ブローカー、アセット・マネジャー、通貨当局等の機関投資家まで、幅広い投資家層がETFを活用しています。


ETFの特徴

柔軟性
証券取引所に上場され、市場が開いている時間はいつでも取引が可能です。
指値注文や成り行き注文など柔軟な取引が可能です。
日中を通じた連続的な価格形成がなされます。

多様性
株式、債券、コモディティ、テーマ型など、幅広い資産クラスへのアクセスが簡単にできます。
世界で1500本近くのETFが上場され、多岐に渡る選択肢があります。
様々なETFの組み合わせにより、投資家個人個人のニーズにあったポートフォリオの構築が簡単にできます。

流動性
ETFには、流動性の源泉が二つあると言われています。
一つ目はETFの流通市場における流動性(出来高)、二つ目はETFの発行市場における流動性です。
発行市場の流動性を用いることで、機関投資家はETFの出来高を大きく上回る取引を行うことができます。

透明性
取引所に上場されていることから、現時点での市場価格を常に把握できます。
ETFに含まれる構成銘柄が毎日更新・公開されていることから、最新の情報が把握できます。
主にインデックに連動することから値動きが分かりやすいです。

コスト効率
信託報酬は主に0.09%から0.99%と1%未満のものが多くコスト効率が高いです。
信託報酬の1%の差異は長期的にはポートフォリオのパフォーマンスに大きな影響を与えます。



ETFのメリットは、低コストで分散投資が可能

ETFの最大のメリットは、分散投資によるリスク分散効果等のメリットを備えつつ、保有コストが通常の投資信託よりも安く設定されていることです。
また、上場されているので、流動性にも優れています。
通常の株式と同じように市場での指値注文や成行注文が可能です。
国内証券会社では、楽天証券が品揃えが豊富です。

ETFは、比較的小額の資金ではじめられます。
多くの銘柄が数千~数万円台で投資可能ですので、比較的小額で市場全体に投資することができます。
取引所の上場商品なので、取引所の立会時間中はでいつでも売買可能です。
一般の株式と同様に指値注文、成行注文などの注文が可能です。
譲渡益への課税は基本的に株式と同じ税制が適用されます。

購入時のコスト
個人投資家が市場でETFを購入する場合は、株式を売買するときと同様の売買委託手数料がかかります。

保有中のコスト
保有中のコストとして運用管理費用(信託報酬)がかかります。
信託報酬は、投資家が意識して支払うのではなく、決められた割合分が差し引かれる仕組みになっています。

換金時のコスト
個人投資家がETFを市場で換金する場合は、購入時と同様の株式売買委託手数料がかかります。



長期的・安定的にお金を増やす資産運用
お金の増やし方 ETFの保有量を増やし続ける
外国債券投資でお金を増やす方法
外国株式投資でお金を増やす方法




投資信託とは何か(お金を増やす有力ツール)

投資信託とは、簡単にいうと、「お金を増やしたい」又は「保全したい」 と思う方が、利用する金融投資商品のことです。
具体的には、株式や債券といった金融商品の銘柄が「パッケージ化されている商品」と思ったほうがわかりやすいかもしれません。

投資信託は、投資家から集めた資金をひとつにまとめ、大きな資金とします。
その資金を、運用の専門家が株式や債券などに投資し、運用する商品です。
運用した成果については、運用者等の仲介業者が報酬を受け取った残りについて、投資家に対して、それぞれの投資額に応じて分配されます。

集めた資金をどのような対象に、どれぐらいの金額を、どれぐらいの期間で投資するのかを、運用の専門家に信じて任せる(信託する)ので、「投資信託」と呼ばれています。
なお、運用成績は市場環境等によって変動します。
その一方で、多くの場合には運用者等の報酬は、損をしていても益が出ていても定額となっているケースがほとんどです。

元本の保証はありませんし、更に利益が出ている場合には運用報酬を差し引かれたものしか、信託を行った投資家には還元されません。
更に、損をしている場合には、ただでさえ損をしているのに、更にそこから運用報酬を引かれる構造となっています。

投資信託は、投資のプロ(投資信託委託会社)が綿密な調査を行い、投資対象を選択、そのうえで多くの投資家から集められた資金を債券や株式などで運用し、株式の配当金や値上がり益、債券の利息や償還金などの収益が投資家に分配されるという仕組みとなっています。
そのため、個人では投資できる対象が限定されてしまう投資対象でも、投資信託はパッケージ化されているため、様々な株式や債券の銘柄、国内や海外の投資対象に投資が可能といった分散投資の恩恵を受けることができ、プロに任せることで、個人投資家本人が企業調査などに時間を割く必要がなくなるという非常に大きなメリットがあります。

株式投資や債券投資では、ある程度まとまった資金が必要になりますが、投資信託は数千円~1万円程度の少額から始めることができるといった点で、投資の初心者でも入りやすい投資商品だと思います。

投資信託には、元本が確保されている商品もありますが、元本保証がされていない商品がほとんどです。
投資は預金ではありませんので当たり前のことですが、リスクを取ってリターンを期待するというのが投資です。
投資信託に資金を預けるということは、そういうことになります。



オーストラリアドル(豪ドル)外貨MMFがおすすめ

高金利で安定的に資産運用を目指したいのであれば、豪ドル建て外貨MMFという金融商品で運用することをおすすめします。
豪ドル(オーストラリアドル)は他先進国の通貨と比較しても圧倒的に高金利なので個人投資家の間でも非常に人気の高い通貨です。

オーストラリアドルの強みは、やはり、世界でも有数の資源大国であり、資源輸出国である、という点でしょう。
豪ドルは長期的な資源需要拡大の追い風を受ける資源国通貨としての強みから、対米ドルで円高傾向が続く中にあっても、比較的堅調に推移してきました。
またオーストラリア国債は、トリプルA格の格付を持ちながら、先進国の中で比較的金利水準が高い債券です。
安定した通貨と高金利、この2つの魅力から、豪ドルへの投資は日本の投資家から根強い人気があります。
豪ドルは、オーストラリアのファンダメンタルズの魅力に支えられ、中期的に期待が持てる通貨と考えられます。
近年では、高金利によって、海外からドンドンお金が集まってきており、その資金をもとに、順調に経済成長を遂げています。


豪ドル外貨MMFがおすすめ

豪ドルの高金利を享受しながら安全性の高い方法で資産運用を目指すなら、豪ドル外貨MMFで運用することをおすすめします。
外貨建MMFは、主に外国の優良企業が発行する短期金融商品(コマーシャル・ペーパー)や格付けの高い公社債等を投資対象とし、投資元本を維持し、高い

流動性を保ちつつ安定した収益を追求する投資信託です。
分配金は毎日計算され、月末に自動再投資されるため、複利効果による効率的な運用が望めます。
MMFとはマネー・マーケット・ファンド(Money Market Fund)の略称です。

外貨建てですから、為替レートの変動による為替差益を得ることも出来ます。
(目減りしてしまうリスクもありますが、円に戻すタイミングは自由に選べます。)
特徴として、満期という概念がないため、いつでも好きなときに解約・換金できる自由度の高さも人気のひとつです。
安全性を重視しているため、リターンが他のファンド(投資信託)や株式のように大きく狙えませんが、元本割れ(金融商品ですから元本保証はありません)のリスクがとても少ない金融商品の一つです。
また、為替手数料以外の手数料がなく、最小投資金額が少なくて済むため、コツコツ少額から積み立てていく投資タイプの方にも向いています。


外貨MMFのメリット

外貨MMFは為替差益は非課税
外貨MMFは、日本の税法上、公募外国公社債投資信託として取り扱われますので、為替差益は非課税です。

外貨MMFは少額から投資でき、出し入れ自由
金額指定または口数指定で、少額から投資でき、いつでも買付、換金の申込みができます。
外貨建MMFは、満期が無く、いつでも換金できることから、他の外貨建て商品の購入資金を一時的に預けたり、受け取った償還金や売却代金を外貨のまま受け入れたりするのにも利用でき便利です。


楽天証券 外貨建てMMF
安定した運用で好利回りを目指す外貨投資商品として人気の「外貨建てMMF」
楽天証券は、ネット証券No.1の取扱い通貨数。
スプレッドも業界最低水準の米ドル片道25銭から。






年々増える配当金
スポンサー
メニュー
外国株式投資 セクター別ETFの利用
スポンサー
カテゴリ