お金の増やし方
  1. Top
  2. » 株式投資




お金の増やし方 債券投資と株式投資

運用で大切なことは、自身の目標に応じて自分で運用商品を選択し、運用を行うことです。
株式や債券の投資信託で運用する場合は、資産を増やせる可能性もありますが、運用状況によっては資産が目減りする可能性もあります。

値動きのある運用商品に投資する場合、そのリスクを低減するための有力な投資手法の一つに分散投資があります。
資産運用に関する格言で「たまごを一つのカゴに盛るな」という言葉があります。
一つのカゴに全部のたまごを盛っていると、カゴを落としたときに全てのたまごが割れてしまう可能性がある、ということです。
資産運用においても同じことがいえます。
一つの資産で運用していると、その資産が値下がりした場合に資産が大きく目減りする可能性がありますが、複数の資産に分散しておくことにより、ある資産が不調でも他の資産が違う動きをすれば、全体としてリスクを抑えることができる可能性があるということです。


債券と株式を保有する

株式と債券は、価格の値上がりや配当や利息といったリターンが期待できる金融資産です。
株式と債券を同時に保有した場合、景気サイクルなどによって起こる価格変動による値動きの相関性が低くトータルでの価格変動をある程度抑えることが期待できます。
また、株式の配当や債券の利息はインカムゲインになるのでキャシュフローを生み出す資産としても期待できます。
値上がり益(キャピタルゲイン)狙いだけの場合、その資産を売却しなければ自分の利益にはなりません。
キャッシュフローを生み出す債券の利息や、安定した配当が期待できる株式銘柄は保有する価値があるのではないでしょうか。
また、国内株式や国内債券に限らず、米国株や中国株といった外国株式や外国債券の保有も考えてみてもよいと思います。


株式と債券は伝統的投資対象

株式と債券は、ポートフォリオの核とすべき伝統的投資対象といわれています。
債券は投資開始時点で確定する金利収入が魅力の投資対象です。
また、債券価格の変動リスクは相対的に小さく、全体でのリスクが相対的に低い一方、リターンも低くなります。

株式は資産成長が魅力の投資対象です。
配当収入も株価も企業業績などの要因によって大きく変動する、ハイリスクハイリターンの投資対象です。






債券投資と債券の特徴
外国債券投資でお金を増やす方法
外国株式投資でお金を増やす方法
長期的・安定的にお金を増やす資産運用
お金の増やし方 ETFの保有量を増やし続ける





外国株式投資でお金を増やす方法

外国株式投資のメリットは、日本国内の金融資産のみに投資しているよりも格段に収益機会が広がるというメリットがあります。

例えば、米国が今後も長期的に持続的な経済成長が期待できる理由のひとつに、人口増加率の高さがあげられます。
アメリカの人口は、移民の増加もあって、年率2%以上で増加しているといわれています。
人口増加率の高さは、必然的に米国内市場の拡大をもたらします。

アメリカ経済の潜在成長率の高さの理由に、その生産性の高さがありますが、それは高度な基礎科学と応用技術、そしてイノベーションの波がアメリカの高い生産性を支えているのです。

アメリカ経済の潜在成長率は、3%程度ともいわれています。
安定したインフレ率の下で、長期的成長率が高いほど、企業利益の成長率も高まります。
そして、株式市場が企業利益と配当の持続的な高い成長率を評価することで、株価も上昇するといわれています。

外国株には、グローバル市場で活躍する世界的な優良企業が多数あり、そのようなグローバル企業は、世界でビジネスを展開していますから、世界各国での収益を期待できます。

世界的な優良企業の外国株を購入するということは、世界的な優良企業の株主になるということなので、安定した配当も期待できるといったメリットもありますし、何より潰れるリスク、つまり信用リスクも低くなるということです。
世界中の優良企業の外国株を購入してみてはいかがでしょう。

世界的にブランド価値を持つグローバル企業は、新興諸国の市場の拡大によって、さらに恩恵を受けることも期待できそうです。
そして、製品の差別化、ブランド力、技術力などの独占力はかなり永続的だともいわれています。
このように世界的にブランド価値を持つグローバル企業は、世界中で収益を得て、資本を蓄積し、その規模をさらに大きくしていきます。

株式は資産成長が魅力の投資対象です。
配当収入も株価も企業業績などの要因によって大きく変動する、ハイリスクハイリターンの投資対象です。





外国株式の購入【個別銘柄・海外ETF】
外国株式投資 セクター別ETFの利用
お金の増やし方 ETFの保有量を増やし続ける








年々増える配当金
スポンサー
メニュー
外国株式投資 セクター別ETFの利用
スポンサー
カテゴリ