お金の増やし方
  1. Top
  2. » 米国債ETF




お金の増やし方 ETFの保有量を増やし続ける

ETFのメリット 利子と配当と分配金を再投資

安定して資産を増やすには、お金を生み出す資産を長期保有することです。
つまり利子や配当、分配金などがある資産を保有すること。
そして利子や配当を再投資していくこと。

複利の効果を得るには、利子・配当を再投資していくことが重要です。
利子や配当を再投資すれば、保有ユニット数(口数)や保有株数が増えるので受け取る債券の利子や株式の配当も増えていくということです。
株式投資の場合、株価の上昇を期待している投資家は多いですが、ジェレミー・シーゲル教授曰く
「株式において生み出される富の95%は、株価の上昇ではなく、配当の再投資である」
と述べています。

同時にいつでも換金できる資産であることも重要です。
なぜなら、2008年の世界金融危機の時には、一部のファンドは換金することが一時的にできなかったということがあります。
投資資金は余裕資金とはいえ、まとまった資金が突然必要になることいったこともあるからです。

そしてリスクを分散するために資産の分散や幅広い銘柄の分散が必要になります。
そして小額から幅広く分散投資できる金融商品であることも重要です。

利子・配当・分配金がある資産で、いつでも換金でき(流動性が高い)、小額から幅広く分散投資できる金融商品はETFになります。

ETFであれば株式・債券・REITに小額から幅広く分散投資することが可能です。

例えば、債券ETFは、定期的に利子受け取ることができるので、利子を再投資することが自分でできます。
再投資することが自分でできるので、再投資先を株式ETFやREITにすることも可能です。

債券ETFは米国債や公社債、投資適格企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどが購入することが可能です。
株式のETFであれば、ニューヨークダウやS&P500など株式指数に連動した海外ETFを購入することも可能です。
また優先株銘柄や高配当銘柄の株式を集めた株式ETFもあります。

このような債券ETFの利子や株式ETFの配当を再投資することで、ETFの保有量を増やし続けることができれば複利の効果を享受することができます。
また、再投資しない場合は利子や配当を現金として残しておくことも可能です。




長期的・安定的にお金を増やす資産運用
債券投資と債券の特徴
外国債券投資でお金を増やす方法
外国株式投資でお金を増やす方法





米国債券投資は海外ETFを使って投資する

海外ETFで米国債を保有

米国債券投資方法ですが、海外ETFを利用して、米国債に投資する方法がよいのではないでしょうか。
外国債券投資におけるリスクには、為替変動リスクや信用リスク、デュレーションリスクなどがありますが、米国債券ということであれば信用リスク(デフォルトリスク)はないと考えていいでしょう。
海外ETFを利用すれば償還期限の違う米国債券に分散投資することができるので、生の米国債券を購入するよりもデュレーションリスクが軽減されます。

米国債券の海外ETFは、償還期限が異なる米国債券に分散投資を継続しているので、使い勝手がいいと思います。
しかも、少額から米国債に投資できる米国債券海外ETFは投資ツールとしておすすめです。

ETF(Exchange Traded Fund)とは、指数連動型上場投資信託のことです。
海外ETFとは、海外の各種指数との連動を目指すETFでニューヨーク証券取引所やナスダック市場、香港市場など外国の証券取引所に上場されているETFです。
上場されているので透明性が高く、流動性もよいのが海外ETFのメリットとなります。
海外ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムに変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で発注できます。


国内金融機関で購入可能な米国債券 海外ETF

iShares Barclays 7-10 Year Treasury Bond Fund(IEF)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 7-10年 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(7-10年)インデックスへの連動を目指します。
米財務省市場の中期物セクターへ投資。

iShares Barclays 20+ Year Treas Bond (TLT)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 20年超 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(20年超)インデックスへの連動を目指します。
残存期間が20年超、米ドル建ての米国財務省証券で構成されています。

iShares Barclays 1-3 Year Treasury Bond (SHY)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 1-3年 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(1-3年)インデックスへの連動を目指します。
残存期間が1年以上3年未満で、米ドル建てで非転換型の米国財務省証券から構成されます。


米国債を使ったお金の増やし方

お金の増やし方
お金を生み出す資産、つまりキャッシュフローをもたらしてくれる資産をできるだけ多く保有し、そういったお金を生み出す資産の保有量を増やし続けるという方法がお金の増やし方の一つの方法です。

債券という金融資産(金融商品)があります。
債券という金融商品は、定期的に利子を受け取ることができ、満期日を迎えれば投資した額面金額を償還金として受け取ることができる金融商品です。
債券(お金を生み出す資産)を少しずつ着実に増やしていくことでお金がお金を生み複利の力を見方につけることが投資で初心者が儲ける方法のひとつではないでしょうか。

債券の中でも米国債に投資することで、世界中の資産の中で最も安全な資産に投資することができ、安定したインカムゲイン(利子収入)が期待できます。
リーマン・ショック後も米国債への信頼は微動だにせず、世界のマネーを集め続けています。
アメリカ発の金融危機下でも米国債は買われ続けました。
そして欧州債務危機のときも米国債が買われています。
世界のどこかで金融危機が起これば株式が売られ、安全資産つまり米国債券が買われ続けました。
つまり、米国債券が世界中の資産の中で一番安全な資産だということではないでしょうか。
米国債に投資するということは、信用リスクをとることなく、安定した利子収入(キャッシュフロー)が期待できます。
そういったいった点で、米国債券投資は、資産運用ポートフォリオのコアになりえる資産になります。
お金を増やす方法の一つとして米国債投資も良いのではないでしょうか。


米国債の投資方法

米国債の投資方法ですが、海外ETFを利用して、米国債を購入することがよいのではないでしょうか。
外国債券投資におけるリスクには、為替変動リスクや信用リスク、デュレーションリスクなどがありますが、米国債ということであれば信用リスク(デフォルトリスク)はないと考えていいでしょう。

米国債の海外ETFは、償還期限が異なる米国債券に分散投資を継続しているので、米国債券ETFを保有しておくだけでいいので簡単です。
そういった意味からも、少額から分散投資できる米国債の海外ETFは使い勝手がいいと思います。


国内金融機関で購入可能な米国債券海外ETF

iShares Barclays 20+ Year Treas Bond (TLT)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 20年超 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(20年超)インデックスへの連動を目指します。
残存期間が20年超、米ドル建ての米国財務省証券で構成されています。

iShares Barclays 7-10 Year Treasury Bond Fund(IEF)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 7-10年 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(7-10年)インデックスへの連動を目指します。
米財務省市場の中期物セクターへ投資。

iShares Barclays 1-3 Year Treasury Bond (SHY)
iシェアーズR ・バークレイズ 米国国債 1-3年 ファンド
バークレイズ・キャピタル米国国債(1-3年)インデックスへの連動を目指します。
残存期間が1年以上3年未満で、米ドル建てで非転換型の米国財務省証券から構成されます。


実はこの株式投資法の方がお金の増え方が早いです。
配当金がザクザク増える配当成長銘柄投資のやり方 ≫










年々増える配当金
スポンサー
メニュー
外国株式投資 セクター別ETFの利用
スポンサー
カテゴリ