お金の増やし方
  1. Top
  2. » 2037/08




投資信託のメリット(少額可・分散投資・おまかせ)

投資信託を利用するメリットとしては主に下記の3つです。


小額からでも手軽に投資できる

個人で株式や債券に投資する場合には、少なくとも数十万円程度のある程度まとまった資金が必要になります。
しかし、投資信託は通常1万円からの比較的小額の資金で、手軽に運用することが可能です。


分散投資できる

投資運用の世界では、「一つのカゴに卵を入れるな」と言われているのは、有名です。
一つの投資対象に集中投資した場合、その投資対象に倒産や債務の不履行など、万が一のことが起きれば、そこに投資した人は大きな打撃を受けることになります。
リターンをあまり下げない一方で、こうしたリスクを出来るだけ抑えるためには、分散投資が必要と言われています。


専門家が運用する

個人が株式や債券などの投資に必要な知識や技術を身につけることには、時間も労力もかかり、難しいことです。
投資信託の場合には、こうした投資に必要な技術を身につけた専門家(=ファンドマネジャー) に運用を依頼する形となりますから、投資した本人としては、専門的知識が無くても投資することが可能です。



外貨MMFは外貨預金よりも有利な金融商品

外貨MMFは外貨預金よりも有利

外貨MMFは、日本国内と比較して高い海外の金利メリットを享受できる点と、為替差益が狙える点の2点を特徴として、最近注目されています。
外貨建てMMFと同種の商品として、銀行の外貨預金がありますが、比較しますと、外貨建てMMFのほうが有利な仕組みとなっています。

外貨MMF自体は、対象通貨は米ドル、ユーロ、豪ドル、カナダドルなどで、購入時のレートは、TTSに準じて販売会社が決定するレート、売却時はTTBに準じて販売会社が決定するレートとなっています。
販売会社は為替レートにマージンを上乗せしますが、購入自体に対してかかる手数料はありません。

外貨MMFが外貨預金と比較して有利な点は2点あります。
1点目は流動性、2点目は税務上の取り扱いです。

流動性に関しては、外貨建てMMFが購入日の翌取引日以降であればいつでも換金できるのに対して、外貨預金は基本的に満期まで解約できません。
従って、MMFであれば、為替相場の状況を見て、為替が有利な時に換金することが可能になります。

税金の面では、外貨預金の為替差益が利子・配当所得として課税対象となりますが、MMFの場合の為替差益は課税対象とはなりません。

この2点以外の運用条件については、両者で大差がありませんから、以上の2点に強みを持つ外貨建てMMFのほうが外貨預金よりも有利な商品であると言えます。

外貨MMFは、買付・換金手数料が無料なので、外貨専用のお財布代わりとして利用すれば、その活用度はますます高まります。

楽天証券 外貨建てMMF
安定した運用で好利回りを目指す外貨投資商品として人気の「外貨建てMMF」
楽天証券は、ネット証券No.1の取扱い通貨数。
スプレッドも業界最低水準の米ドル片道25銭から。



外貨MMFは初心者におすすめの投資信託

外貨建MMFは、主に外国の優良企業が発行する短期金融商品(コマーシャル・ペーパー)や格付けの高い公社債等を投資対象とし、投資元本を維持し、高い流動性を保ちつつ安定した収益を追求する投資信託です。
分配金は毎日計算され、月末に自動再投資されるため、複利効果による効率的な運用が望めます。
MMFとはマネー・マーケット・ファンド(Money Market Fund)の略称です。

外貨建てですから、為替レートの変動による為替差益を得ることも出来ます。(目減りしてしまうリスクもありますが、円に戻すタイミングは自由に選べます。)
特徴として、満期という概念がないため、いつでも好きなときに解約・換金できる自由度の高さも人気のひとつです。
安全性を重視しているため、リターンが他のファンド(投資信託)や株式のように大きく狙えませんが、元本割れ(金融商品ですから元本保証はありません)のリスクがとても少ない金融商品の一つです。
また、為替手数料以外の手数料がなく、最小投資金額が少なくて済むため、コツコツ少額から積み立てていく投資タイプの方にも向いています。


為替差益は非課税
外貨MMFは、日本の税法上、公募外国公社債投資信託として取り扱われますので、為替差益は非課税です。


少額から投資でき、出し入れ自由
金額指定または口数指定で、少額から投資でき、いつでも買付、換金の申込みができます。
外貨建MMFは、満期が無く、いつでも換金できることから、他の外貨建て商品の購入資金を一時的に預けたり、受け取った償還金や売却代金を外貨のまま受け入れたりするのにも利用でき便利です。


外貨MMFのリスク
外貨MMFで運用した場合、為替変動リスクがあります。
外貨MMFは外貨ベースでは元本割れを起こすことが少ない金融商品ですが、それはあくまでも外貨での話です。
外貨MMFを解約し、円に戻そうと思ったときに、購入時より円高になっていれば為替差損をしてしまいます。



外貨MMFは、買付・換金手数料が無料なので、外貨専用のお財布代わりとして利用すれば、その活用度はますます高まります。

楽天証券 外貨建てMMF
安定した運用で好利回りを目指す外貨投資商品として人気の「外貨建てMMF」
楽天証券は、ネット証券No.1の取扱い通貨数。
スプレッドも業界最低水準の米ドル片道25銭から。


オーストラリアドル(豪ドル)外貨MMFがおすすめ

高金利で安定的に資産運用を目指したいのであれば、豪ドル建て外貨MMFという金融商品で運用することをおすすめします。
豪ドル(オーストラリアドル)は他先進国の通貨と比較しても圧倒的に高金利なので個人投資家の間でも非常に人気の高い通貨です。

オーストラリアドルの強みは、やはり、世界でも有数の資源大国であり、資源輸出国である、という点でしょう。
豪ドルは長期的な資源需要拡大の追い風を受ける資源国通貨としての強みから、対米ドルで円高傾向が続く中にあっても、比較的堅調に推移してきました。
またオーストラリア国債は、トリプルA格の格付を持ちながら、先進国の中で比較的金利水準が高い債券です。
安定した通貨と高金利、この2つの魅力から、豪ドルへの投資は日本の投資家から根強い人気があります。
豪ドルは、オーストラリアのファンダメンタルズの魅力に支えられ、中期的に期待が持てる通貨と考えられます。
近年では、高金利によって、海外からドンドンお金が集まってきており、その資金をもとに、順調に経済成長を遂げています。


豪ドル外貨MMFがおすすめ

豪ドルの高金利を享受しながら安全性の高い方法で資産運用を目指すなら、豪ドル外貨MMFで運用することをおすすめします。
外貨建MMFは、主に外国の優良企業が発行する短期金融商品(コマーシャル・ペーパー)や格付けの高い公社債等を投資対象とし、投資元本を維持し、高い

流動性を保ちつつ安定した収益を追求する投資信託です。
分配金は毎日計算され、月末に自動再投資されるため、複利効果による効率的な運用が望めます。
MMFとはマネー・マーケット・ファンド(Money Market Fund)の略称です。

外貨建てですから、為替レートの変動による為替差益を得ることも出来ます。
(目減りしてしまうリスクもありますが、円に戻すタイミングは自由に選べます。)
特徴として、満期という概念がないため、いつでも好きなときに解約・換金できる自由度の高さも人気のひとつです。
安全性を重視しているため、リターンが他のファンド(投資信託)や株式のように大きく狙えませんが、元本割れ(金融商品ですから元本保証はありません)のリスクがとても少ない金融商品の一つです。
また、為替手数料以外の手数料がなく、最小投資金額が少なくて済むため、コツコツ少額から積み立てていく投資タイプの方にも向いています。


外貨MMFのメリット

外貨MMFは為替差益は非課税
外貨MMFは、日本の税法上、公募外国公社債投資信託として取り扱われますので、為替差益は非課税です。

外貨MMFは少額から投資でき、出し入れ自由
金額指定または口数指定で、少額から投資でき、いつでも買付、換金の申込みができます。
外貨建MMFは、満期が無く、いつでも換金できることから、他の外貨建て商品の購入資金を一時的に預けたり、受け取った償還金や売却代金を外貨のまま受け入れたりするのにも利用でき便利です。


楽天証券 外貨建てMMF
安定した運用で好利回りを目指す外貨投資商品として人気の「外貨建てMMF」
楽天証券は、ネット証券No.1の取扱い通貨数。
スプレッドも業界最低水準の米ドル片道25銭から。



長期的・安定的にお金を増やす資産運用

資産運用に使えるETF(上場投資信託)

長期的にお金を増やしていくには、リスクを分散したお金を生み出す資産(ポートフォリオ)を長期保有することです。
利子や配当がある資産を保有し、その利子や配当を再投資していくこと。
そして、コストを抑えることがポイントとなります。

リスクを分散するためには、資産の分散や幅広い銘柄の分散が必要になります。
ETFを使った金融資産の分散投資であれば、株式や債券といった配当や利子がある資産に小額から幅広く分散投資することが可能になります。


債券・REIT・株式に小額から幅広く分散投資することが可能なETF

債券ETF
債券ETFは、定期的に利子が自分の口座に入金されるので、その利子を再投資することが自分でできます。
再投資することが自分でできるので、再投資先を株式ETFにすることも可能です。
また、再投資しない場合は現金として残しておくことも可能です。
債券ETFは米国債や公社債、投資適格米国企業の社債、ハイイールドボンド、エマージングマーケットボンドなどに投資可能です。


REIT ETF
REIT ETFは、東証REIT指数や米国REIT指数、先進国のREIT指数に投資することが可能な不動産投資信託のETFです。
REITの大きなメリットは、相対的に高い分配利回りを享受できる金融商品であり、非常に便利な不動産投資の手段だと思います。
債券ETF同様にREIT ETFは、定期的に分配金が自分の口座に入金されるので、その分配金を再投資することが自分でできます。
また、現物不動産投資では、まとまったお金が必要ですが、REITへの投資であれば、数万円から投資可能です。


株式ETF
株式ETFは、ニューヨークダウやS&P500、日経平均やTOPIXなど株式指数に連動したETFで株式投資することが可能です。
また高配当銘柄の株式を集めた株式海外ETFもあります。
セクター別の株式海外ETFもあり、エネルギーセクターや生活必需品セクター、ヘルスケアセクター、公共事業セクターなどのセクターで世界を代表するグローバル企業の株式を集めた海外ETFを購入することも可能です。
また時価総額の大きい世界を代表するグローバル企業のみを集めた株式海外ETFを購入することも可能です。
こういった世界有数のグローバル企業の株式海外ETFに投資するメリットは信用リスクの回避と安定した配当を受け取れるといったメリットがあります。



ETFは、上場されているので透明性が高く、流動性もよいことがメリットとなります。
ETFは一般の投資信託よりも運用コスト(信託報酬またはエクスペンスレシオ)が安く設定されていることが多いので、長期的に保有する場合はコスト面で有利です。

ETFは上場しているため、株式と同様に価格がリアルタイムに変動します。
値動きを見ながら購入・売却のタイミングを決められるほか、株式と同様、指値・成行注文で購入することができます。



お金の増やし方 ETFの保有量を増やし続ける
外国債券投資でお金を増やす方法
外国株式投資でお金を増やす方法







年々増える配当金
スポンサー
メニュー
外国株式投資 セクター別ETFの利用
スポンサー
カテゴリ