お金の増やし方
  1. Top
  2. » 2037/10




債券投資と債券の特徴

債券は基本的に長期的に保有し一定期間利子を貰い、満期が来たら元本を返してもらうという性質の金融商品なので、長期的に預け入れできるお金がある場合は定期預金などより利率がいいのでおすすめです。
急にお金が必要となり保有している債券を売却し、換金しなくてはいけなくなってしまった場合、損失を出す可能性もあるため、長期的に運用できる資金で運用するほうが良いでしょう。
タイミングによっては途中売却で利益が出ることもあります。
既発債など場合、評価額が下がったところで購入し、評価額が上がったところで売却すれば売却益が得られますし、外国債券の場合は購入時より円安になれば為替差益が得られる場合もあります。(逆に円高に動いている場合は損をします。)

債券の最大の魅力はクーポン(金利)収入が定期的にあることです。
日本の国債の場合、年に2回クーポンの支払いがあります。
債券におけるクーポンは銀行預金における利息と同じです。

しかし、これと決定的に違うのはその利率の違いです。
日本の国債のクーポン金利と銀行の定期預金ではいずれの期間でも国債の利率の方が高くなっています。

預金と比較して高い金利収入(インカムゲイン)を狙うことができる債券投資は非常に魅力ある投資の一つだといえます。


債券の特徴

債券とは、資金調達をする発行体(国や会社等)がお金を借りた証拠として、利子の支払いや元本の返済をあらかじめ約束して発行する証書です。
また、債券は一般的に、発行時に利率、期間(償還期間)、額面金額、発行価格等の条件が決められています。
債券の一般的な特徴としては、以下の点が挙げられます。

いろいろな種類の債券が発行されている

国内・海外の公的機関から民間会社まで、多様な発行体から発行されています。
安全性は高いが利率は低いものや、信用度が劣る分だけ利率が比較的高いもの、あるいは、満期までの期間が短いものから30年以上の長期のものまで、様々な種類があります。

償還される

原則として、債券は株式と異なり償還されます。
満期日を迎えると額面金額である償還金が受け取れます。
多くの債券は満期時に全額が償還されますが、期中に一部または全部を償還するタイプもあります。
満期まで持てば、「確定利回り」が得られる。(固定金利・利付債の場合)

債券は、満期(償還日)までの間に一定の利子を支払うことを約束して発行されたものですから、満期まで持てば、「確定利回り」が得られる商品といえます。金利は固定金利のものが一般ですが、市場の動向によって金利が変化する変動金利のタイプもあります。

途中売却ができる

債券は市場で取引されており、満期前でもその時の市場価格で売却することができます。
ただし、金融情勢の変化によって購入価格を上回る場合もあれば、下回る場合もありますので、売却の際には注意が必要です。



外国債券投資の魅力とは
外国債券投資でお金を増やす方法
外国債券投資の方法 <ETFで債券を保有>
債券海外ETFの銘柄<ETFでお金を増やす方法>
米国債券投資は海外ETFを使って投資する
社債投資でお金を増やす方法
米国債を使ったお金の増やし方
高利回り債券投資でのお金の増やし方
社債投資でのお金の増やし方
オーストラリアドル(豪ドル)外貨MMFがおすすめ
債券投資と債券の特徴
債券投資のリスク
長期的・安定的にお金を増やす資産運用




債券投資のリスク

債券には主に下のような3つのリスクがあります。

信用のリスク
一般の企業が発行体の債券の場合、経営が悪化して元本や利息の支払いが滞ったり、倒産して支払いが出来なくなる可能性があります。

価格変動のリスク
償還前に売却する場合は市場の金利動向や発行体の経営状況によって債券の価格が変動するので元本を割り込む可能性があります。

流動性のリスク
市場動向で購入した債券が敬遠されると売りたい時に売れなくなってしまい、中途売却時に購入した時の額面を割り込む可能性があります。

特に一般企業から発行されている社債は業績を伸ばすことができず、債券自体の評価額を下げることがあり、最悪の場合デフォルト(債務不履行)の可能性も有りますので注意が必要となります。
外国債券投資には上記のリスクの他に為替変動リスクも有りますので、更に注意が必要です。


債券価格と金利

債券の価格は社会情勢や金融情勢に密着に結びついていて、政策金利や長期金利が上がると債券価格は下落する傾向にあります。
例えば景気が上向いてくると企業は設備投資の為資金の借り入れ需要が高まり、長期金利が上がります。
長期金利が上がると金利一般が上昇するので、相対的に債券の金利のメリットが弱くなり債券の価値が下がり、売られるため価格が下がります。
好景気になると金利が上昇し債券の利回りが相対的に下がるので、債券が売られ債券価格が下がるという流れになります。
また、物価が上昇するとインフレを警戒して長期金利が上昇するので同じく債券価格は下落し、債券が供給過多になると重要と供給の関係で買い手がいなくなりやはり債券価格は下落します。
このような債券の価格が決まる仕組みも覚えておいたほうがいいかもしれません。




外国債券投資の魅力とは
外国債券投資でお金を増やす方法
外国債券投資の方法 <ETFで債券を保有>
債券海外ETFの銘柄<ETFでお金を増やす方法>
米国債券投資は海外ETFを使って投資する
社債投資でお金を増やす方法
米国債を使ったお金の増やし方
高利回り債券投資でのお金の増やし方
社債投資でのお金の増やし方
オーストラリアドル(豪ドル)外貨MMFがおすすめ
債券投資と債券の特徴
長期的・安定的にお金を増やす資産運用





外国債券投資の魅力とは

外国債券に投資する理由

投資信託の1つに、外国の債券や社債に投資する「外国債券投資信託」があります。
国際分散投資に不可欠な外国債券投資信託の魅力を考えてみます。
外国債券投資信託に投資すると、各国の債券からリターンを得ることができます。
数年来、日本の長期金利は1~2%で低い状態となっていますので、国内よりも高い金利で運用できるチャンスがあります。


外国債券投資に利用する金融商品は投資信託又はETFが良い理由

外国債券の高い金利水準に魅力を感じたのなら、外国債券を直接買うことも選択肢の1つですが、投資信託(ファンド)としてたくさんの債券に分散投資すれば、個別の国債・社債の価格変動リスクを抑えることができ、長期運用で安定したリスク・リターンの管理ができます。
さらに個別の外国債券は売却時に高い手数料が掛かりますが、公募の追加型投資信託やETFならいつでも追加で購入でき、個別の外国債券よりも中途換金・解約などが簡単にできます。
実際、日本のような低金利の国だけでなく、欧米の年金などでも、各国の債券に国際分散投資をするのは常識となっています。
外国債券に投資することで、金利の分散だけでなく、通貨の分散もできますので、仮に日本がインフレとなって円安が進んだ場合でも、インフレリスクの備えになり得ます。


外国債券投資のリスクとリターン

外国債券投資信託は各国の国債・社債に投資するもので、一般的に株式と比べて期待リターンは低くなります。
金利変動リスクや為替変動リスクによって元本が減る可能性もあります。
分散投資の効果を理解して、ポートフォリオの一部に組み込めば長期運用で安定したリターンを得ることにも役立つのではないでしょうか。




外国債券投資でお金を増やす方法
外国債券投資の方法 <ETFで債券を保有>
債券海外ETFの銘柄<ETFでお金を増やす方法>
米国債券投資は海外ETFを使って投資する
社債投資でお金を増やす方法
米国債を使ったお金の増やし方
高利回り債券投資でのお金の増やし方
社債投資でのお金の増やし方
オーストラリアドル(豪ドル)外貨MMFがおすすめ
債券投資と債券の特徴
債券投資のリスク
長期的・安定的にお金を増やす資産運用
お金の増やし方 ETFの保有量を増やし続ける



外国債券投資でお金を増やす方法

一般的に外国債券と呼ぶ場合は「外貨建て債券」のことを指すことが一般的です。
日本の通貨である「円」以外の通貨で発行されている債券の事を指します。
海外の企業や政府などが自国の通貨で発行している場合が一般的ですが、日本で一般に販売されている外貨建て債券はメジャー通貨であることがほとんどです。


外国債券について

外国債券は発行体が外国通貨ベースで募集している債券の事を指します。
日本国内で販売されることが多い外国債券は「米ドル」「ユーロ(欧州通貨)」などが中心ですが、最近では高金利通貨として知られている「オーストラリアドル」や「ニュージーランドドル」なども人気です。
さらには、メジャー通貨ではありませんが、「南アフリカランド」「トルコリラ」なども一部の証券会社や銀行などで債券として販売されていることがあります。

外国債券は通常、それぞれの通貨における市場金利をもとにそのときのクーポン(利率)が決まります。
日本円は長い間ゼロ金利政策などを通じて歴史的な超低金利が続いており、諸外国の金利の高い通貨建ての債券に人気が集まりました。


外国債券投資のリスク

外国債券投資のリスクは、通常の円建て債券(円債)と違い、「為替リスク」が通常の債券のリスクに対して加わります。
例えば、日本の国債の場合、金利(クーポン)の支払いや満期時の償還は「円」で行われますので、満期保有のリスクは「信用リスク(日本国が破綻するリスク)」だけです。
対して外国債券の場合は、金利(クーポン)や満期時の償還もそれぞれ「外国通貨」で行われます。
そのため、為替レートの状態によっては、発行体の信用リスク以外にも為替の差損(差益)が生じるリスクがあります。
もちろん、為替レートが投資家に対して有利な方向に動けば、差益が生じるわけでメリットでもあります。
高金利通貨と呼ばれている特に、マイナー通貨の場合政治的なリスクが大きく場合によっては価値が大きく減少するリスクがあります。
マイナー通貨は確かに金利が高金利であることが多いのですが、そうしたリスクはかなり大きいものとしてしっかりと理解したうえで投資をする必要があります。


外国債券投資でお金を増やす方法

債券であれば利子というかたちでお金を生み出してくれます。
外国債券投資であれば、為替変動リスクは伴うものの、日本国内の債券以上の金利で利子を受け取ることが可能です。
このようなお金を生み出してくれる資産を増やし続けることでお金がお金を生み、どんどんお金が増えていくことになります。
資金を外国債券などに投資して、時間と複利を味方につけることがお金を増やす方法としては効果的です。





外国債券投資の魅力とは
外国債券投資の方法 <ETFで債券を保有>
債券海外ETFの銘柄<ETFでお金を増やす方法>
米国債券投資は海外ETFを使って投資する
社債投資でお金を増やす方法
米国債を使ったお金の増やし方
高利回り債券投資でのお金の増やし方
社債投資でのお金の増やし方
オーストラリアドル(豪ドル)外貨MMFがおすすめ
債券投資と債券の特徴
債券投資のリスク
長期的・安定的にお金を増やす資産運用





外国債券投資の方法 <ETFで債券を保有>

金融資産の中では、債券を海外ETFという金融商品で保有することで安定したキャッシュフローにつながりそうです。
海外ETFという金融商品を利用して、グローバルに銘柄分散された外国債券ポートフォリオを構築した場合、外貨ベースではありますが、安定した利息(キャッシュフロー)を定期的に得ることが期待できます。

外国債券の海外ETFに投資することで安定したインカムゲイン(利子収入)を期待することができます。
また、株式やREITなど外国債券と異なる資産を保有している場合、それそれの資産の値動きに相関性が低いため、分散投資効果によるリスクの低減も期待できます。
安定したインカムゲイン(利子収入)が期待できるといった点で、外国債券はポートフォリオのコアとしたい資産の一つです。
また、外国債券海外ETFの場合、債券のクーポン(利子)を配当(分配金)という形で受け取ります。

海外ETFとは、海外(ニューヨーク証券取引所など)に上場された投資信託のことで、株式のように証券取引所が開いていればいつでも売買可能な金融商品です。
もちろん国内の証券会社を通じて売買することが可能な金融商品です。

外国債券の海外ETFは、償還期限が異なる債券への分散投資(数十~数百銘柄に分散投資)を継続しているので、ETFを保有しているだけで自動的に債券が買い換えられていくので手間がかからない簡単な債券投資方法です。
しかもグローバルに国債、社債を広範囲に分散投資できる外国債券海外ETFは、少額から購入することが可能です。

海外ETFを利用すれば銘柄数をかなり分散することができるので一つの企業の社債や一つの国の国債に投資・購入するよりも信用リスク、デュレーションリスク(平均回収期間のリスク)が軽減されます。

そして海外ETFを利用するメリットとして一番大きいのが、流動性を確保できるということです。
証券取引所が開いていればいつでも換金することができるメリットは大きいと思います。

外国債券の海外ETFを少額からでも投資し、その保有数量を増やし続けていくことで、始めは小さなキャッシュフローでも、複利の力でどんどん大きなキャッシュフローを得ることが期待できます。


債券市場の値動きは株式市場の値動きに比べ、相対的に安定していて、利子収入(金利)を得られるので、長期的安定的な運用を目指すことができるのではないでしょうか。

どのような債券指数に連動する海外ETFがあるのかというと、米国債、米国の公社債、米国の投資適格社債、ハイイールド社債、米国以外の先進国国債、新興国の国債などがあります。
どの商品も、ほぼ毎月の利子収入が期待できます。
外貨建ての金融商品なのでほとんどが米ドルでの利子の振込みになります。






年々増える配当金
スポンサー
メニュー
外国株式投資 セクター別ETFの利用
スポンサー
カテゴリ