お金の増やし方
  1. Top




ETFの特徴とメリット

ETFは証券取引所に上場していることから株式と似た性質を合わせもち、一般の投資信託とは異なる特徴があります。
海外ではETFの活用が積極化しています。
ETFを活用する投資家の種類は多岐にわたります。


幅広い投資家層に活用されているETF

個人投資家、投資アドバイザー、ヘッジファンド、年金基金、投資銀行、都市銀行、地方銀行、生保・損保会社、プライム・ブローカー、アセット・マネジャー、通貨当局等の機関投資家まで、幅広い投資家層がETFを活用しています。


ETFの特徴

柔軟性
証券取引所に上場され、市場が開いている時間はいつでも取引が可能です。
指値注文や成り行き注文など柔軟な取引が可能です。
日中を通じた連続的な価格形成がなされます。

多様性
株式、債券、コモディティ、テーマ型など、幅広い資産クラスへのアクセスが簡単にできます。
世界で1500本近くのETFが上場され、多岐に渡る選択肢があります。
様々なETFの組み合わせにより、投資家個人個人のニーズにあったポートフォリオの構築が簡単にできます。

流動性
ETFには、流動性の源泉が二つあると言われています。
一つ目はETFの流通市場における流動性(出来高)、二つ目はETFの発行市場における流動性です。
発行市場の流動性を用いることで、機関投資家はETFの出来高を大きく上回る取引を行うことができます。

透明性
取引所に上場されていることから、現時点での市場価格を常に把握できます。
ETFに含まれる構成銘柄が毎日更新・公開されていることから、最新の情報が把握できます。
主にインデックに連動することから値動きが分かりやすいです。

コスト効率
信託報酬は主に0.09%から0.99%と1%未満のものが多くコスト効率が高いです。
信託報酬の1%の差異は長期的にはポートフォリオのパフォーマンスに大きな影響を与えます。



お金の増やし方 債券投資と株式投資

運用で大切なことは、自身の目標に応じて自分で運用商品を選択し、運用を行うことです。
株式や債券の投資信託で運用する場合は、資産を増やせる可能性もありますが、運用状況によっては資産が目減りする可能性もあります。

値動きのある運用商品に投資する場合、そのリスクを低減するための有力な投資手法の一つに分散投資があります。
資産運用に関する格言で「たまごを一つのカゴに盛るな」という言葉があります。
一つのカゴに全部のたまごを盛っていると、カゴを落としたときに全てのたまごが割れてしまう可能性がある、ということです。
資産運用においても同じことがいえます。
一つの資産で運用していると、その資産が値下がりした場合に資産が大きく目減りする可能性がありますが、複数の資産に分散しておくことにより、ある資産が不調でも他の資産が違う動きをすれば、全体としてリスクを抑えることができる可能性があるということです。


債券と株式を保有する

株式と債券は、価格の値上がりや配当や利息といったリターンが期待できる金融資産です。
株式と債券を同時に保有した場合、景気サイクルなどによって起こる価格変動による値動きの相関性が低くトータルでの価格変動をある程度抑えることが期待できます。
また、株式の配当や債券の利息はインカムゲインになるのでキャシュフローを生み出す資産としても期待できます。
値上がり益(キャピタルゲイン)狙いだけの場合、その資産を売却しなければ自分の利益にはなりません。
キャッシュフローを生み出す債券の利息や、安定した配当が期待できる株式銘柄は保有する価値があるのではないでしょうか。
また、国内株式や国内債券に限らず、米国株や中国株といった外国株式や外国債券の保有も考えてみてもよいと思います。


株式と債券は伝統的投資対象

株式と債券は、ポートフォリオの核とすべき伝統的投資対象といわれています。
債券は投資開始時点で確定する金利収入が魅力の投資対象です。
また、債券価格の変動リスクは相対的に小さく、全体でのリスクが相対的に低い一方、リターンも低くなります。

株式は資産成長が魅力の投資対象です。
配当収入も株価も企業業績などの要因によって大きく変動する、ハイリスクハイリターンの投資対象です。






債券投資と債券の特徴
外国債券投資でお金を増やす方法
外国株式投資でお金を増やす方法
長期的・安定的にお金を増やす資産運用
お金の増やし方 ETFの保有量を増やし続ける





債券投資と債券の特徴

債券は基本的に長期的に保有し一定期間利子を貰い、満期が来たら元本を返してもらうという性質の金融商品なので、長期的に預け入れできるお金がある場合は定期預金などより利率がいいのでおすすめです。
急にお金が必要となり保有している債券を売却し、換金しなくてはいけなくなってしまった場合、損失を出す可能性もあるため、長期的に運用できる資金で運用するほうが良いでしょう。
タイミングによっては途中売却で利益が出ることもあります。
既発債など場合、評価額が下がったところで購入し、評価額が上がったところで売却すれば売却益が得られますし、外国債券の場合は購入時より円安になれば為替差益が得られる場合もあります。(逆に円高に動いている場合は損をします。)

債券の最大の魅力はクーポン(金利)収入が定期的にあることです。
日本の国債の場合、年に2回クーポンの支払いがあります。
債券におけるクーポンは銀行預金における利息と同じです。

しかし、これと決定的に違うのはその利率の違いです。
日本の国債のクーポン金利と銀行の定期預金ではいずれの期間でも国債の利率の方が高くなっています。

預金と比較して高い金利収入(インカムゲイン)を狙うことができる債券投資は非常に魅力ある投資の一つだといえます。


債券の特徴

債券とは、資金調達をする発行体(国や会社等)がお金を借りた証拠として、利子の支払いや元本の返済をあらかじめ約束して発行する証書です。
また、債券は一般的に、発行時に利率、期間(償還期間)、額面金額、発行価格等の条件が決められています。
債券の一般的な特徴としては、以下の点が挙げられます。

いろいろな種類の債券が発行されている

国内・海外の公的機関から民間会社まで、多様な発行体から発行されています。
安全性は高いが利率は低いものや、信用度が劣る分だけ利率が比較的高いもの、あるいは、満期までの期間が短いものから30年以上の長期のものまで、様々な種類があります。

償還される

原則として、債券は株式と異なり償還されます。
満期日を迎えると額面金額である償還金が受け取れます。
多くの債券は満期時に全額が償還されますが、期中に一部または全部を償還するタイプもあります。
満期まで持てば、「確定利回り」が得られる。(固定金利・利付債の場合)

債券は、満期(償還日)までの間に一定の利子を支払うことを約束して発行されたものですから、満期まで持てば、「確定利回り」が得られる商品といえます。金利は固定金利のものが一般ですが、市場の動向によって金利が変化する変動金利のタイプもあります。

途中売却ができる

債券は市場で取引されており、満期前でもその時の市場価格で売却することができます。
ただし、金融情勢の変化によって購入価格を上回る場合もあれば、下回る場合もありますので、売却の際には注意が必要です。



外国債券投資の魅力とは
外国債券投資でお金を増やす方法
外国債券投資の方法 <ETFで債券を保有>
債券海外ETFの銘柄<ETFでお金を増やす方法>
米国債券投資は海外ETFを使って投資する
社債投資でお金を増やす方法
米国債を使ったお金の増やし方
高利回り債券投資でのお金の増やし方
社債投資でのお金の増やし方
オーストラリアドル(豪ドル)外貨MMFがおすすめ
債券投資と債券の特徴
債券投資のリスク
長期的・安定的にお金を増やす資産運用




債券投資のリスク

債券には主に下のような3つのリスクがあります。

信用のリスク
一般の企業が発行体の債券の場合、経営が悪化して元本や利息の支払いが滞ったり、倒産して支払いが出来なくなる可能性があります。

価格変動のリスク
償還前に売却する場合は市場の金利動向や発行体の経営状況によって債券の価格が変動するので元本を割り込む可能性があります。

流動性のリスク
市場動向で購入した債券が敬遠されると売りたい時に売れなくなってしまい、中途売却時に購入した時の額面を割り込む可能性があります。

特に一般企業から発行されている社債は業績を伸ばすことができず、債券自体の評価額を下げることがあり、最悪の場合デフォルト(債務不履行)の可能性も有りますので注意が必要となります。
外国債券投資には上記のリスクの他に為替変動リスクも有りますので、更に注意が必要です。


債券価格と金利

債券の価格は社会情勢や金融情勢に密着に結びついていて、政策金利や長期金利が上がると債券価格は下落する傾向にあります。
例えば景気が上向いてくると企業は設備投資の為資金の借り入れ需要が高まり、長期金利が上がります。
長期金利が上がると金利一般が上昇するので、相対的に債券の金利のメリットが弱くなり債券の価値が下がり、売られるため価格が下がります。
好景気になると金利が上昇し債券の利回りが相対的に下がるので、債券が売られ債券価格が下がるという流れになります。
また、物価が上昇するとインフレを警戒して長期金利が上昇するので同じく債券価格は下落し、債券が供給過多になると重要と供給の関係で買い手がいなくなりやはり債券価格は下落します。
このような債券の価格が決まる仕組みも覚えておいたほうがいいかもしれません。




外国債券投資の魅力とは
外国債券投資でお金を増やす方法
外国債券投資の方法 <ETFで債券を保有>
債券海外ETFの銘柄<ETFでお金を増やす方法>
米国債券投資は海外ETFを使って投資する
社債投資でお金を増やす方法
米国債を使ったお金の増やし方
高利回り債券投資でのお金の増やし方
社債投資でのお金の増やし方
オーストラリアドル(豪ドル)外貨MMFがおすすめ
債券投資と債券の特徴
長期的・安定的にお金を増やす資産運用





外国債券投資の魅力とは

外国債券に投資する理由

投資信託の1つに、外国の債券や社債に投資する「外国債券投資信託」があります。
国際分散投資に不可欠な外国債券投資信託の魅力を考えてみます。
外国債券投資信託に投資すると、各国の債券からリターンを得ることができます。
数年来、日本の長期金利は1~2%で低い状態となっていますので、国内よりも高い金利で運用できるチャンスがあります。


外国債券投資に利用する金融商品は投資信託又はETFが良い理由

外国債券の高い金利水準に魅力を感じたのなら、外国債券を直接買うことも選択肢の1つですが、投資信託(ファンド)としてたくさんの債券に分散投資すれば、個別の国債・社債の価格変動リスクを抑えることができ、長期運用で安定したリスク・リターンの管理ができます。
さらに個別の外国債券は売却時に高い手数料が掛かりますが、公募の追加型投資信託やETFならいつでも追加で購入でき、個別の外国債券よりも中途換金・解約などが簡単にできます。
実際、日本のような低金利の国だけでなく、欧米の年金などでも、各国の債券に国際分散投資をするのは常識となっています。
外国債券に投資することで、金利の分散だけでなく、通貨の分散もできますので、仮に日本がインフレとなって円安が進んだ場合でも、インフレリスクの備えになり得ます。


外国債券投資のリスクとリターン

外国債券投資信託は各国の国債・社債に投資するもので、一般的に株式と比べて期待リターンは低くなります。
金利変動リスクや為替変動リスクによって元本が減る可能性もあります。
分散投資の効果を理解して、ポートフォリオの一部に組み込めば長期運用で安定したリターンを得ることにも役立つのではないでしょうか。




外国債券投資でお金を増やす方法
外国債券投資の方法 <ETFで債券を保有>
債券海外ETFの銘柄<ETFでお金を増やす方法>
米国債券投資は海外ETFを使って投資する
社債投資でお金を増やす方法
米国債を使ったお金の増やし方
高利回り債券投資でのお金の増やし方
社債投資でのお金の増やし方
オーストラリアドル(豪ドル)外貨MMFがおすすめ
債券投資と債券の特徴
債券投資のリスク
長期的・安定的にお金を増やす資産運用
お金の増やし方 ETFの保有量を増やし続ける






年々増える配当金
スポンサー
メニュー
外国株式投資 セクター別ETFの利用
スポンサー
カテゴリ